Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA”日本ガイシホール

先日行われましたスピッツのアリーナツアーに参加してきました。
タイトルはFESTIVARENA。お祭りがテーマとなっていた今回のツアー。
どんな曲がくるのか予想付かない分、期待は大きかったです。

今回は名古屋の二公演に二日連続で参加してきました。
いつもは基本的に1回だけしか参加しないんですけど。
あらかじめチケット持ってた初日に遅れて行く事が濃厚となって。
気づけば二日目のチケットを購入してました。少し余ってたみたいで良かった。
今回のレポは二日分合わせての感想です。
ネタバレがありまくります。

・SE
ツアータイトルがスクリーンに出て始まりを告げます。
その間リコシェ号、宇宙虫、scatというスピッツのインスト曲達が流れてましたね。
もう一つ聞いた事ない曲が流れてたんですけど
これは名前を付けてやるの時期にレコーディングした曲らしい。
お蔵入りしてたインスト曲が20年ぶりに日の目を見る事となったそうで。
いつものスピッツのライブには無い始まり方で良かったです。

・夜を駆ける
これは予想を裏切ってきた1曲目。
最近ツアーでシリアス目の曲から始まる事少なかったですよね。
1曲目とはいえ手拍子は何か違う感を覚えたのでじっくりと聴く。

・海とピンク
夏っぽい曲。
スクリーンに楽しそうに演奏するメンバーが映されます。
4分割テツヤが見所。

・けもの道
名古屋の日の出。
3曲目がけもの道って結構よくあるパティーンですね。
序盤の盛り上げ所としてかなり機能してます。

・僕の天使マリ
楽しいですこの曲は。
カントリー調で結構スピッツの数ある曲の中でも特徴的ですね。

・不思議
さざなみCDからの1曲。
そういえば去年アニメ映画の挿入歌として起用されましたね。
可愛い曲だなと率直に。もっと知られて欲しいですね。

・恋する凡人
ここまでMC無しぶっ続けの6曲目。
ライブでの定番曲と言っていい位の登場頻度の恋する凡人。
初めて2010年のライブで聴いた時からそうなりそうな予感はありましたね。

・MC
平日のお忙しい中、足元悪い中、スピッツのために貴重なお時間を割いていただきありがとうございます!
27年目、昭和からやってるバンドです。
次はスピッツが旬だった頃の曲です。

・空も飛べるはず
とうとう聴けました。
ミリオン曲なんだけど、普段のツアーでセトリに入る事少ないんですよね。
それにしても声が素晴らしかった。全く色褪せる事ない演奏を魅せてくれました。

・プール
青の照明が綺麗でした、夏曲の中でも隠れた人気曲といったような立ち位置。
バンド全体で作り上げた世界観にひき込まれます。

・フェイクファー
これ!
2012年のゴースカの数公演で演奏してましたが、俺は聴けませんでした。
今回セトリに入れてくれて良かったです。

・MC
名古屋入りしてラーメンチェーン藤一番でランチを食べたマサムネ。
ラーメンだけで良かったんだけど「麺大盛りか小ごはんか春巻きのうち、一つお選びください」と言われ
とりあえず何も無くていいって言ったけど明らかに麺大盛りでラーメンが来た。
名古屋のサービス精神すごい。
「次は会いたかった会いたかったイエスな曲です」

・夏の魔物
夏の魔物ライブだとかなりカッコイイですね、
演奏の重なり合いがたまんないです。

・涙がキラリ☆
夏フェス定番の1曲が登場。
まぁこれは演奏するだろうと思ってました。
イントロのマサムネのリフがかっくいいですね。

・エスカルゴ
テツヤの煽りは無かったけど何と紙吹雪爆弾が発動。
スピッツのライブ進化してる!すげえ!

・ヒバリのこころ
これ1日目の記憶で印象に残ってるのが田村ですね。
途中からステージに腰掛けて楽しそうに弾いてました。

・MC
Let It Goを歌うマサムネ。
映画館でテルマエ・ロマエを観に行ったが時間が合わずアナと雪の女王を見たらしい。
後は中国でのスピッツの空も飛べるはずに酷似してた曲の話。
きっと今は自由に~それが~一番大事~みたいな曲調だったと歌いながら説明。

・スワン
小さな生き物ツアーで日の目を見なかった曲、登場。
遠吠えシャッフルは可哀想だけど正直スワンの方が聴きたかったので良かった。

・楓
今回のセトリ豪華だなあと感じた。
お客さんの反応的にもある意味このライブでの一番の見所かもしれない。
亀の恩返しのように、マサムネがギターだけでサビを歌うアレンジがあります。

・愛のことば
ドラマ主題歌として今度起用される曲。
このスワンからの流れとても良いです、

・正夢
少し憂いを持った曲たちが続いたブロック、最後は正夢で締め。
やってくれて嬉しかったなあ。
スクリーンにはなんか幸せそうな模様が常に浮かんでます。

・MC
メンバー紹介

・田村
楓のマサムネソロパートの時に汗が目に入って泣いてるみたいになった。

・くーじー
グッズのフラッシュビンズが光ってとても綺麗。

・崎山さん
今回のツアーで祭りの太鼓風の「どどん!」を積極的に使いたい。

・テツヤ
朝早いからワールドカップ見てる。
0-0でも面白い、選手みんな諦めない。
そういう諦めない気持ちにさせるような演奏を俺たちはしたい。

・ハニーハニー
最初崎山さんのドラムショーが少しだけ。
さざなみアリーナで演奏してましたね。

・エンドロールには早すぎる
ミラーボール登場。
2番が終わった後のミラーボールは本当に綺麗なので要チェック。

・8823
いつものやつ。
これ無いと落ち着かない感はまぁある。

・野生のポルカ
田村とテツヤがちょくちょく煽ってたと思う。ちいものツアーより進化した印象。
ライブ定番にひょっとしたらなるかもしれない。

・トンガリ'95
・俺のすべて
俺のすべてはちょっと久しぶりだなあと思った。ちいものでやらなかったからかな。
トンガリは初日マサムネが演奏聞きづらそうだったのが気になったけど盛り上がりました。

アンコール
・稲穂
花火が歌詞に出てくるから、今回のライブのセットと合ってましたね。
俺の中でかなり気に入ってる曲です。

・夢追い虫
アンコールラストは夢追い虫。
2曲でアンコール終了はアリーナツアーのお決まりなのかな。

・総括
二日わーっと行って記憶があやふや。
ただ両日とも素晴らしいライブだったとは思います、セットリストも演出も良かった。
プール、フェイクファー、楓、正夢等の選曲は結構ファンの想いを汲んだように感じました。
普段夏フェス行かない身としては、空も飛べるはずや涙がキラリ☆も珍しくていい。

始まって6曲ぶっ続けとか、途中でメンバー紹介とか。
新しいパターンを模索しているような感じも見受けられましたね。
個人的にメンバー紹介はアンコールの時が落ち着くと思ったけど。

マサムネが夢追い虫の前に「正直、曲作れなくなっても歌い続けたいと思ってますんで・・・」って言ってましたね。
曲作りに関しては小さな生き物聴く限り全く心配してないわけなんですが。
改めて強い決意を聞けてグッときました。
スピッツ頑張れ!

【追記~MC断片的に】
テツヤ「(花火を模したセットを見て)おっぱいみたいだね!」
マサムネ「逆さくらげにも見えるね」
テツヤ「マサムネらしい表現だね」
テツヤ「おっぱいおっぱいおっぱいおっぱい」

マサムネ「セットの旗を見て思い出したけど、昔はひとりで海外旅行によく行ってた」
一人でご飯食うのは苦手なので、海外では知らない人に声かけて一緒に飯食べてた。
20年ほど前、ネパールで食事に誘った男性には結婚の相談をされて、それからは年賀状で交流するように。
そして最近ライブを奥さんと子供を連れて見に来てくれたらしい。
テツヤ「結婚について相談したのは、話しかけてきたマサムネを警戒したからじゃない?」

マサムネ、小さな生き物ツアー終わってから健康診断行ったら身長が伸びてたらしい。
aikoのカブトムシを少し歌うマサムネ
「あなたの耳に寄せたおでこって背が高い男性じゃないと無理だよね。
という事はaikoは俺のカブトムシにはなってくれないね」
「大林素子さんみたいな人を彼女にして俺がカブトムシになればいい」

田村
「(SEの話の食い付きが悪く)スピッツに興味ない?」
「今日は久しぶりにプールとかやったけど・・・(観客拍手)」
「スピッツには興味ないけどプールにはあるんだね」

マサムネ「(テルマエ・ロマエに)崎ちゃん出てないかなと思って観に行った」
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ヒヨコの生き甲斐

Author:ヒヨコの生き甲斐
性別 雄
スピッツが好きです

最新記事

鳴いています

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。