Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiyokoikigai.blog55.fc2.com/tb.php/723-8af552d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

14thアルバム「小さな生き物」

4~5回聴いてみての感想。

・未来コオロギ
「消したいしるし 少しの工夫でも 輝く証に変えてく」
渋いギターの音色が印象的、少し悲しげでもある楽曲。
近年のアルバムの1曲目には無かったパターン。それでもしっかり心を掴んできます。
音を奏でる虫コオロギは多分スピッツの事なんだろう。
彼らがどういう物をリスナーに届けたいのかが伝わってきます。

・小さな生き物
アルバムの表題曲。
世間一般のスピッツのイメージと合致するような暖かいバンドサウンドと詞。
「裸の言葉 隠さずさらす そこから始めよう」という歌詞は今回のアルバムのコンセプトでもあると思う。
変化球の曲が多い今作、この曲の存在が際立つ。

・りありてぃ
「変わった奴だと言われてる 普通の金魚が2匹」
スピッツ流のヘヴィロック。
サビに金魚というワードが登場します、本当にこのアルバムは生き物だらけだ。
解き放たれたいという思いを歌ってます。
かっこよさと間抜けさを併せ持った一押しの曲。ヌンチャクて。

・ランプ
「ただ信じてたんだ 無邪気に ランプの下で」
優しい曲。
震災後の心理も見えるかもしれない。
素朴な音作りがストレートな歌詞をさらっと耳に届けてくれます。

・オパビニア
「デートに向かない坂道を 君の手を引いてかけ上がり」
サビいいっす。CMに使いやがれカルピスとかアクエリアスとか!
ハートが盗まれてたり、なんか青春な歌です。
タイトルは絶滅した古代生物から、可愛いですよ。

・さらさら
「眠りにつくまで そばにいて欲しいだけさ」
5月にシングルとしてリリースされた楽曲。
アルバム通して聴いて、この曲はシングルになるべくしてなったと改めて思った。
完成度が高いです。シリアスで熱いサビに痺れる。

・野生のポルカ
「細道駆ける最高の野生種に」
ポルカです。おもろい曲。
これ聴いてると、頭の中でマキバオーが走り出します。
コーラスにフラワーカンパニーズやら亀田Pやらが参加しているんですが、堂々たるおっさんの声です。
最高の野生種になりたいもんです。

・scat
歌詞なし曲。スキャット。
無骨な演奏がかっこいい、「ワタリ」を思い出します。
タリラリナ~。

・エンドロールには早すぎる
「エンドロールには早すぎる 君のくしゃみが聞きたいよ」
80年代の臭いのディスコナンバー。
時代に逆らってるようで、恋するフォーチュンクッキーが100万売ってるから最先端かもしれない。
恋愛を映画に見立てた歌詞も何ともむず痒くて最高です。

・遠吠えシャッフル
これは初期のアルバムに入ってても違和感ないなぁ。
オルガンの加わったバンドサウンドのなかで反体制を歌っております。
「茶碗で飲みほすカフェラテ」、素敵フレーズですね。

・スワン
「助けが欲しいような 怖い夢のあとで」
悲しみの部分を歌った曲。
最初はしっくり来なかったけど、じわじわ優しい音が染み込んできた。
「僕はきっと旅に出る」の心境に至る前、と考えたら詞が頭に入ってくる。

・潮騒ちゃん
「偶然会ったよツンツンは ときどき見せる笑顔がいい」
ゴースカから1年半経つけど、結構歌詞とメロディを覚えていて、少し誇らしげです。
行こうぜー!というテツヤの煽りやら、博多弁やら、聴くべきポイントが多い。
マサムネの感性が溢れてます。メロディと詩はもちろん良いが演奏もイカしてる。

・僕はきっと旅に出る
「初夏の虫のように 刹那の命弾ませ」
俺がこのアルバムからベストな1曲選べと言われたらこれかもしれない。
旅をテーマに描かれた詩の秀逸さにやられます。
ピアノの打ち込みのアレンジも快い。

・エスペランサ
「ガラスの玉が坂を転がる」
ボーナストラック。
これは通常版に入らないのも納得と言うか、少し昔のスピッツっぽい。
「あかりちゃん」説は外れました。


・感想
全曲シングルでもいける位、キャッチーな曲が多かったさざなみCD、とげまる。
上記二枚と比べて、アルバム曲らしいアルバム曲が小さな生き物には多いと思う。
遠吠えシャッフル、スワン等の楽曲がそう。
数回聴いただけでは噛み砕けない感じ。
歌詞なしのscatなんかもあるし。
1曲目の未来コオロギも少し変わり種ではある。
ここら辺の曲を評価するかで、好き嫌いが分かれそうなアルバム。
何となくだけど、初期のアルバム好きな人は惹かれるものがあるんじゃないかな。

マサムネの詩は、ファンタジーの中に現実味の成分が多くなったかな。
震災を経てという部分も大きいんだろうけど。
ただ、真面目になったという訳でもなく、スピッツらしさはブレていないので安心して聴ける。
今、歌いたい曲と考えたらこういう傾向になっていったんだろう。

個人的には、良いアルバムだなと思えました。
新しいスピッツが見れたし、今後生まれる曲がどんなものか楽しみになった。
不満があるとすれば「あかさたな」が入らなかった事かな。
このアルバムのデラックスエディションには、あかさたなのライブ映像が収録されたDVDが入ってますが。
改めて聴いて、かなり好みな曲だったので。

皆さんも買ったりレンタルしてみてください。
以上。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiyokoikigai.blog55.fc2.com/tb.php/723-8af552d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒヨコの生き甲斐

Author:ヒヨコの生き甲斐
性別 雄
スピッツが好きです

最新記事

鳴いています

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。