Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜サンセット 劇場版を見に行ったよ

一週間前、名古屋ピカデリーで上映が開始した横浜サンセットを観に行きました。初日の最初の回。
ピカデリーは当日しかチケット取れないので、早めに行くに越したことはないと思い、
名駅で泊まって早朝からチケット売り場に一人並んでました。大ファンっぽい振る舞い。
その時点で結構人が待ってたんでスピッツすげえなあと思いました。

約2時間、ワンマン野外イベントの横浜サンセットを再体験して思い出が蘇りましたね。
長ーく待機してて、スピッツが出てきて恋のうたの歌いだしが始まった時の幸福感。
はるばる横浜まで遠征に来た気持ちにリンクした僕はきっと旅に出る。
初披露の小さな生き物の力強さ。
野外の風を受けながらしっとりと聴きいったランプ。
曇の中に浮かぶ月をスクリーンに映しながら演奏された月に帰る。
これ以上ないシチュエーションでセットリストのトリを飾った海を見に行こう。
これからも進み続けるという意志を訴えかけるように、最後の最後に演奏された夢追い虫。

とんでもないサプライズがある訳でもなく、いつも通りのスピッツのライブがそこにあった。
しかし横浜の海と客船を横目にスピッツのライブを見れるというだけで、十二分に特別なイベントだったと思う。
今回の映像化でもロケーションの良さを改めて感じましたね。
カメラアングル、これまでのライブDVD等と比べてもかなり良かったのでないでしょうか。
演奏中の手元をよく映してくれたのもグッド。

今回ライブDVD化は予定されてないという事で、非常に残念ですね。
やはり演奏ミス、歌詞ミスがあったからというのも大きいんでしょうけど。
そこら辺のハプニングも含めて、スピッツのライブを体験できる作品が一つあっても良いとは思います。
新規でスピッツに興味を持った人にも勧められる作品だと思うし。
・・・まぁ、DVD化されなくても俺はその場に居る事ができて、こうして映画も見れたから悔いは無いけど。


とにかく、良かったぞスピッツ!

雪風 レビュー

4月15日にデジタルシングルとしてリリースされたスピッツの新曲「雪風」のはなし。

この数日間じっくり何度も聴いて
スピッツ史上初の雪ソングの正体はお粥ソングだった。という結論になりました。
さらっと耳に流し込める、温かく優しい曲です。

まず曲の長さが3分12秒という事に、「おっ」と思いますよね。
スピッツの曲の中で3分台の曲は決して珍しくはないですが、シングル曲でこの短さはあまりない。
そして聴いてみて、あまりにさりげない終わり方にまた驚く。
もうひと盛り上がりあっても良いんでない?とも思ってしまうが
雪が溶けるようにふわっと終わるのがこの曲の味だとも思う。

柔らかく可愛らしく力強い、スピッツの王道サウンドここにありという曲ですね。
「さらさら」以降のシンプルで洗練された音作り、かなり好きです。
歌詞は1番は自問自答を繰り返しながら進んでいく僕が主役。
2番は壊れそうでも生き続ける君が主役。という感じで捉えてます。

「夢醒めたら 少しでいいから 無敵の微笑み見せてくれ」
無敵の微笑みっていいなぁ。
小さな生き物収録曲スワンでも「君」の笑顔を夢のあとの救いとして持ってきてましたよね。
何となくリンクさせてしまう。

「君は生きてく 壊れそうでも 愚かな言葉を 誇れるように」
スピッツ最強ワード「愚か」が入ってますね。
愚かが入っちゃうとそれだけでグッときてしまうので使いどころには十分気をつけて頂きたい。
それはともかくして、すごく励まされる歌詞で好きです。
この歌詞の後に続くコーラスも雪風が吹いているようで印象的。

冒頭に書いたとおり、3分でさらっと聴けてじんわりと心に沁みる。
文句なしのお粥ソングと言えるでしょう。まだ聴いていない方は今すぐチェケラ!!

小さな生き物 ライブ映像作品リリース決定のお知らせ

2013年9月11日にリリースされ、オリコンウィークリーチャート1位を記録した14枚目のフルアルバム『小さな生き物』を引っ提げてのホールツアー、「SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物”」のライヴ映像商品
『JAMBOREE 3 “小さな生き物”』(DVDとBlu-rayの2商品)を2015年7月1日(水)に発売することが決定しました。
全国53本に及んだツアーの中から、2014年2月18日の大宮ソニックシティ公演を収録。
ホールコンサート1公演だけの映像を商品化するのは、スピッツ史上初!
ツアータイトルでもあるアルバム『小さな生き物』収録曲の他、「ロビンソン」「恋は夕暮れ」「運命の人」など多数の楽曲を収録しています。


最近は嬉しいニュースが次々と飛び込んできて、心がポンポンはじけます。
撮影が入っており、映像化が待たれていた小さな生き物ツアーの大宮公演が映像化されるようです!
去年の夏に開催されたフェスティバリーナというツアーの武道館公演にも撮影が入っており
映像化が期待されていますが、こちらに関しては今回のニュースでは何も触れられていませんね。

小さな生き物ツアーの大宮公演のセットリストはこちら。
1.小さな生き物
2.けもの道
3.三日月ロックその3
4.潮騒ちゃん
5.名前をつけてやる
6.スピカ
7.オパビニア
8.ロビンソン
9.ランプ
10.さらさら
11.恋は夕暮れ
12.エンドロールには早すぎる
13.りありてぃ
14.君が思い出になる前に
15.Y
16.未来コオロギ
17.僕はきっと旅に出る
18.野生のポルカ
19.8823
20.エスカルゴ
21.運命の人
EN1.スパイダー
EN2.大宮サンセット
EN3.ヒバリのこころ


アルバム「小さな生き物」の収録曲が中心。結構レアな古い楽曲「Y」等も演奏しております。
アンコールでは大宮公演だけの特典である大宮サンセットを演奏してます。
本編のみ映像化という可能性が十分有り得るのが恐ろしいですが、スピッツを信じたいところです。
映像化せーへんかったら大宮で撮るなんて思わせぶりすぎまっせ。

最近のスピッツのライブDVDには初回限定盤があって特典ライブ映像があったりしましたが。
今回はそういうの無いんじゃないかなぁ。(あったら嬉しいけど)
フェスティバリーナはおまけみたいな扱いで数曲収録して終わりって公演ではないでしょう。
また来年にでも映像化してくれる事を期待してます。

横浜サンセットの映画が続々と各地域で公開されますが。
劇場では横浜サンセット、家では小さな生き物DVDって感じでライブを楽しめますね。
今年の春~夏はゴースカもあるし新曲雪風もあるし、嬉しい事ばかりです。
ありがとうスピッツ!

雪風

スピッツの新曲「雪風」が、4月10日スタート(毎週金曜 深夜0時12分~)テレビ東京系「ドラマ24 不便な便利屋」のエンディングテーマに決定!
「雪風」は、このドラマのために新たに書き下ろされました。
ドラマのオンエアとともに、どうぞお楽しみに♪


やった~!!
スピッツから久々の新曲の便りが届きましたね。
春から始まるファンクラブ限定ライブのゴースカが終わるまではそういう動きは無いかと思ってました。
ドラマのタイアップが付いてて、しかも書き下ろしという所で。
ドラマの制作陣のコメントからもスピッツへの想いを強く感じられるのが好印象ですね。
よっぽどドイヒーな出来じゃない限り、ドラマも観て楽しみたいです。
内容見たら面白そうですし。

新曲「雪風」はスピッツ初の雪ソングという事をマサムネがコメントしてます。
確かに雪ソングはこれが初めてですね。
200曲以上詩を書いてて今まで無かったのが不思議なくらいですけど。

聴いてて、雪が降ってる情景が浮かぶのは自分の中ではさざなみCD収録の「P」ですね。
冬ソングだとスカーレットが代表格かなとは思いますが。
Pは冬のイメージが物凄く強いです。そしてとんでもねぇ名バラードだなと聴くたび思います。
この曲の二人が再開した日は残暑厳しい8月ではなく12月上旬頃だと確信しております。

今回の「雪風」がどのような楽曲になるのか。
ワクワクが止まんねえぞ!!って感じです。

横浜サンセット 劇場化決定!



2013年9月に開催されたスピッツの単独野外イベント「横浜サンセット」。
夏の終わり、赤レンガ倉庫で繰り広げられたスペシャルなライブが映画館に帰ってきた!
ライブの1曲目からアンコールまで、MC含めて全て映像化!あの感動を再び!

というニュースが今週出ましたね。
2013年の夏、遠征して横浜サンセットに参加をしてからずっと映像化を待ち続けてたので。
なかなか衝撃が走った今回の劇場化であります。
素直に喜びきれない部分もあるので、「衝撃」って感じですね。

まず、劇場化というスピッツとしての初めての試み。
これは楽しみですね!
この前、Mr.Childrenのライブ映画「REFLECTION」を観に行ったんですけど。
音の迫力がたまらんですね。その場に居るような臨場感でした。
今回のスピッツの映画でも、横浜のライブ会場に居るような感動を味わえるのは間違いないと思います。

カット部分無しで完全映像化というのも、スピッツにしてはかなり珍しい。
割と思いっきり歌詞が飛んだハチミツとか、もう一回見れるとは思ってませんでした。
ここら辺のハプニング含めて、ライブ感溢れる作品になってるんじゃないでしょうか。

で、何で素直に喜びきれないかというと
今回の劇場化に関しての案内で至るところに書かれている「一切DVD化の予定はありません」
やっぱり、映像化してくれるなら何回も繰り返し見れる形にして欲しいというのは当然のファン心理でして。
劇場版よりもライブDVD発売の方がかなり嬉しかったというのが本音。
ベストアクト的なものを8曲くらいライブDVDの特典にしてくれたら、それはそれで満足だったんだけどなというのも本音。
劇場化という試み自体はすごく良いと思うんですけどね。
なんか嬉しい知らせなのに、もやもやしてしまうという。

ただただ、お蔵入りで終わらなかったのは本当に良かったです。
物凄く特別なセットリストという訳でもないんだけど、すごく雰囲気が良かったライブで。
スピッツを憎からず想ってる方は劇場に足を運んで損はないかと思います。
あの1曲目が始まった時の幸せな空気を体感して頂きたいです。

Appendix

プロフィール

ヒヨコの生き甲斐

Author:ヒヨコの生き甲斐
性別 雄
スピッツが好きです

最新記事

鳴いています

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。